2021-11-18

ハワイの人が感じる曲のテンポ

表紙の雰囲気が好きで飾っていた
ハワイアンの楽譜集

実は大変貴重なものだったらしく
改めて見返すと
面白い発見がいっぱいがあったので
ちょっとシェア✨



まずこの本は
数々の名曲を生み出した
ハワイの有名な作曲家チャールズ・E・キングが
出版した楽譜集です彼がこの本より前に出版した
楽譜集の表紙が青だったことから
それぞれ「Blue Book」「Green Book」
と呼ばれているそうですが

私の手元にあるこのGreen Book
以前レッスンに通っていた生徒さんからいただいたもの

「家にあったんですけど先生の方が使って頂けると思って」

と言ってくださいました!
なんてありがたい♡

[1950年出版]と書いてあるので
かなり古いです!

まず開いて一番驚くことが
ピアノ🎹の楽譜が載っていること

いまどきのハワイアンソングブックは
音符とコードしか載っていないものばかりなので
とっても興味深いです

そして
一番興味を惹かれたのが
テンポの部分に書かれていることば


Hawaiian tempo
Hula tempo
Slow hula tempo
Dreamy Polynesian tempo

Dreamyって…どんなテンポなの⁉
って思わず突っ込みを入れたくなりますが

さすが
ハワイアンらしい表記😆


きっと
ハワイの人にとっては
言葉にしなくてもわかる
なんとなくこんな感じだよ~
ってテンポなんでしょうね

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA